読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Excelsior!

夕飯から金融工学まで

自尊心とプライドの話

諸々

こんにちは、Nobbyです。

皆様は、「自尊心」と「プライド」の違いを説明できますか?

f:id:nobby_g:20170210163334p:plain

どちらも似たような意味合いがあるように思えますが、実際は全く違うと僕は考えています。

どう違うのか?今回は自尊心とプライドの違いについてお話ししようと思います。

まずそれぞれの定義から。以下デジタル大辞泉より。

自尊心

自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド。「自尊心を傷つけられる」

プライド

誇り。自尊心。自負心。「プライドを傷つける」「仕事にプライドをもつ」

あれ、トートロジーになってる? 正直調べて一瞬どきっとしました。これじゃ記事にならないじゃないか!

なので、今度は僕が自尊心とプライドの違いを感じたきっかけから話を進めていこうと思います。

僕は以前エンタメ施設でアルバイトをしていました。職場環境は割とよく人間関係も良好で、真面目な話から砕けた話まで、いろいろな話をしていました。

文脈は忘れましたが、僕はそのバイト先の同僚に「Nobbyは自尊心低いけどプライドは高いよね」と言われました。意味がよくわからなかったので、「まあそうだね〜」とテキトーに流してその場では終わってしまったのですが、そのあと冷静に考えてみると、「自尊心とプライドの違いって何だろう?」と思うようになりました。

上述のように辞書的な意味では同じだが、「自尊心は低いがプライドは高い」という文言はとてもしっくり来る。じゃあ自尊心とプライドの違いって何だ?

僕なりの結論は、プライドは劣等感から生まれるが、自尊心は確固たる自信から生まれる

言い換えると、プライドは「他者と比べた結果、自分の劣った部分が見えているがそれでも人より上でありたい虚栄心」で、自尊心は「周りは関係なく、今ありのままの自分に対する自信」である、と言えます。

そう考えると、先ほどの「自尊心は低いけどプライドは高い」という言葉の意味がわかります。つまり、「自分に自信がないくせに、周りより劣りたくなくて虚勢を張っている」ということです。

こう解釈すると割とどでかい爆弾を投下されていたことに驚愕しますが、それだけ僕のことをよく見てくれていて、助言をしてくれたのだと思うと感謝の念が尽きません。

他者との競争から離れてプライドに囚われず、自分に対する自信を持つことができたとき、自尊心を持つことができた、と言えるのではないでしょうか。

 

というわけで、自尊心とプライドの話でした。

プライドを捨てることは勇気のいることですが、劣等感を捨てて自分に自信が持てる日が来ることを目指していきたいですね。